BLOG / ブログ

  • 2020.06.26

    とある10の物語

    とある10の物語-物語が生まれるノートに記すうつくしき表現者たちのそれぞれの物語-・yasuhide ono | 小野 泰秀さん・「とある10の物語」に参加しています高山活版室で作られたこの美しいノートは僕にとって神聖幾何学模様を書く練習帳となっています・うつしきの家紋になるような紋様を作りたいと思い図案を書きそれをこのノートをデザインした山香デザイン室の小野さんにお願いしてそれを高山活版室で活...
  • 2020.06.25

    とある10の物語

    とある10の物語-物語が生まれるノートに記すうつくしき表現者たちのそれぞれの物語-   shandi nivas cafe’ さん   「60年前の家」 北海道に移住し一年ほど経った頃、60年程前にた建てられたこの家に出逢った。 長い間空家だったこの家は、ほぼ廃屋と言っていい程の状態だった。 三角屋根のてっぺんには四角い煙突がある。厳しい冬に真っ白な雪を被った屋根。暖をとるために焚かれた火の煙...
  • 2020.06.22

    とある10の物語

    とある10の物語-物語が生まれるノートに記すうつくしき表現者たちのそれぞれの物語- 居相さん いつもことさらに流れ、これといったレシピみたいなものはない。ただ、今という瞬間の、眼にした光景を布にうつすことをしていたのだけれど、こういった機会をいただけたので記していこうと思います。 僕は、火をつかわないでいられる季節、例えば今みたいな気候には、太陽からはっするたゆいない光でゆるやかな浸透を促すこ...
  • 2020.06.21

    とある10の物語

    とある10の物語-物語が生まれるノートに記すうつくしき表現者たちのそれぞれの物語-野原さん星の民濃藍の夜空に瞬く無数の星たち星はひとつひとつの意思であり私たちの数だけ瞬く星があることを彼らは識っていた静寂と調和のなか決して豊かでは無い作物に感謝を捧げ生きることを楽しんでいた彼らは言葉を持たないそのかわり動物の毛と繊維を針と糸の代わりにして植物から採れる繊維を織り藍を染め重ねた布地に一生の祈りを込...
  • 2020.06.15

    とある10の物語

    とある10の物語-物語が生まれるノートに記すうつくしき表現者たちのそれぞれの物語- LUCAさん No,1「今日も始まると」夜明け、朝霧に濡れ光る馬のたてがみに歌う雲雀。瑞々しい静寂の風景を想った歌の歌詞や音の走り書き。・2020.6.10       ...
  • 2020.06.14

    とある10の物語

    とある10の物語-物語が生まれるノートに記すうつくしき表現者たちのそれぞれの物語- 笑達さん 春に生まれた物語 1. 祈り2. 風土3. 無題4. 或る家族の唄5. 光へ 闇へ6. 喰う 2020.5.21 ...
1 2 3 4 5 6 7 8 16

Copyright © TAKAYAMA LETTERPRESS All Rights Reserved.